読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汚家からの脱却計画

実家(汚家です)の片付けと我が家の整理整頓の記録など

実家の片付け~プロの手を借りて その3

7DKの実家には、押し入れが5間分ある。うち、2間分は2階にあり、

そこには物はたいしてなかったようだが、

1階の3間の押し入れにはたくさんのものが。

何のためらいもなく、すみんちゃんはいろいろ開けてくれ

母に「お母さんこれは?」と聞いている。

で、廃棄するものを12畳の部屋に積み上げていく。

f:id:yodamyu:20151222225806j:plain

最終的にはこの上にもっと積み上げられ…。

不用品処分屋さんには2トントラック2台分、ということで

提示された料金で了承し、多少増えてもいいと言ってもらえたのをいいことに

さらに山積み…。

こちらの部屋にもいらないものの山。

f:id:yodamyu:20151222230443j:plain

タンスも4竿捨てる。

布団も押し入れ1間分捨てる。

f:id:yodamyu:20151222230942j:plain

布団も長年押し入れに入れていると、

ダニもわいて衛生的にもよくないとすみんちゃんに言われ

捨てるのも致し方ないと納得したようだ。

娘の私なら、「何年入れっぱなしね~、気持ち悪い~」

と感情的な受け答えをしてしまうのだろうが、

ここはやはりプロ。理由をしっかり説明し、納得させてくれる。

母も、私と二人だと意固地になり、

捨てたくない気持ちがさらに強まることになったかも、と話していた。

親片(親の家の片付け)には、間に他人であるプロが入ることは

とても意義があると実感している。