読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汚家からの脱却計画

実家(汚家です)の片付けと我が家の整理整頓の記録など

実家の片付けまとめ 不用品処分編

遠方の実家を短期間で片付けた経験のまとめ、

不用品処分編。

 

まず最初に、母に片付けの了承を得た後やったことは、

全部屋を写真に撮ること。

これは、プロにお片付けを依頼するための、

セカンドステップ。かな。

ファーストステップはもちろん、他人に片付けをやってもらうという

了承を母から得ることだった。

 

プロのすみんちゃん。

 

ameblo.jp

 実家のある宮崎の隣の県にお住いのすみんちゃん。

安東英子先生のブログで見て、

お願いするならすみんちゃん!と思っていました。

安東先生のセミナーで、すみんちゃんはいい子よぉぉ!

とお聞きし、さっそくメールで依頼した。

 

すみんちゃんと電話で打ち合わせをし、

かなりの不用品の量になるからと、トラック回収を依頼してはと勧められた。

それまでは私と母で、何とか市のごみ収集やセンター持ち込みをしようと

おもっていたのだが…。

 

f:id:yodamyu:20160104221515j:plain

 

f:id:yodamyu:20151226194715j:plain

 

いやはや…

この量ではね。

2トントラック2台分、出ました。

 

トラックで引き取っていただいた後にも、

片付けるたびにごみは出て、それを片付けるだけでも母は大変そうでした。

「今日は不燃の日やから、二袋出したよ。」

「プラ(ポリプロピレン)の引き出しは、燃えるゴミの日に出していいと。

市のごみ袋を巻き付けて出すよ。」

などなど、年配者にとっては複雑なごみの分別だが、

何とか頑張って片付け後のごみを出したようだ。

 

f:id:yodamyu:20160308003632j:plain

 

すっきり。

 

f:id:yodamyu:20160308004144j:plain

 

 

プロの片付け師、すみんちゃん。

正式名称は、「美しい暮らしの空間アドバイザー」ですよ。

いつみても、可愛くて綺麗。

 

f:id:yodamyu:20151221001622j:plain

 

そして母が一番気に入っているウォールペーパー。

すみんちゃんが貼ってくれたもの。

 

 

f:id:yodamyu:20161001122700j:plain

 

癒される~と、めっちゃ喜んでいる。