読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

汚家からの脱却計画

実家(汚家です)の片付けと我が家の整理整頓の記録など

格安SIMへの乗り換え その2

三大キャリアのうち、auを利用していた我が家が、

乗り換えようと調べた格安SIM会社は、mineo(マイネオ)。

 

mineo.jp

格安SIMで気になるのは、通信速度。

結局はauDoCoMoの回線を間借りして使用しているので、

時間帯によっては通信速度がかなり遅くなる、とのこと。

それでもLINEの利用や、スマホサイトを見るくらいだったら

気にならないよ、と弟からも情報を聞いているため

乗り換えに躊躇はしなかった。

 

何より、利用料金の差が

デメリットを大きく上回ること。

それは格安SIMへの乗り換えを後押ししたのは言うまでもない。

 

auなど大手キャリアの2年縛り。

ある時期でないと解約料金が1万以上かかってしまう、その縛り。

私の場合は5人とも、解約料金がかかる時期であったが、

思い切って乗り換えた。

それに昨年、娘と私はiPhone 6Sに替えたばかり。

ここで解約すると、ほとんどタダ、と言われた本体料金は

一括又は残りの分割費用を負担しなければならない。

そして事務手数料もかかる。

 

それらを計算しても、

継続する場合:

  毎月27,000円(5人分:スマホ3台・ガラケー2台)×12=324,000円

乗り換えた場合:  

  毎月1,600円×スマホ5人分×12=96,000円

 

今後1年間で、その料金は約1/3になるのです。

 

初期費用として、

・iPhone 6Sの残債 約7万

・事務手数料と解約料 13,000円程度×5台分=65,000

・新規購入スマホ2台分 約3万×2=60,000

・mineoの事務手数料 1,000円×5台分=5,000 

  ※3,000円程度はかかるものが、

   900円程度のエントリーパッケージを購入すると-2,100円安くなる

 

この初期費用(約20万)を払ったとしても、1年たたずに元を取ることができる。

と考えて、乗り換えに踏み切ることに。

 

つづく~